Topics

​トピックス
  • Kenichiro Ohashi

フアン・エウヘニオ・オチョア

Juan Eugenio Ochoa











ロンドンの後はミラノへ。コロンビア人アーティスト、エウヘニオ。会うのは1年ぶり。彼は相変わらずのジェントルマン。23時にカドルナ駅の彫刻前で待ち合わせてアトリエへ。

他アーティスト3人とシェアする半地下の広いスペース。ビールを飲みながら、日常のこと、制作のこと、将来のことなど話した。相変わらず医師と画家の二足の草鞋で充実した日々を送っている。話していると、美術がやり忘れていることを彼がやってくれるのではないかと、なぜか思えてくるのだ


I went to Milan after London. Juan Eugenio Ochoa is a Colombian artist in Milan. It has been one year since our last meeting. He is always a gentleman. We met each other in front of the big sculpture in front of Cadorna station around 23 pm, then went to his atelier.

He is sharing a big basement of an apartment with the other three young artists. Drinking beer, we talked on daily life, creating art works, our future and so on. As always, he is living a satisfying life wearing two hats as a medical doctor and an artist. He will carry out what art has forgot to do.

4回の閲覧0件のコメント
logo_edited.jpg